グローバル事業部

子供にとって、”勉強”は幸せ。
大人にとっては、”働く”は幸せ。

私たちが活動を行っている国は、カンボジアです。

外国人を雇う数少ない方法の中で、代表的なのが”技能実習生”として迎え入れる方法です。

その技能実習生は、現地(母国)から日本に来るまでに、日本語や日本文化を学校で学んだり、現地の送り出し機関に出国に関する手続きをしてもらったり、日本側の管理団体に入国後のお世話をしてもらったりと、、。

とても大変なのです。

当然手続きが進めば、担当してくれる機関も変わります。

本人からすれば、よくわからないまま色んな企業が出てきてよくわからないまま手続きが進み、言われるがままに働き始める。

そんな感覚です。

もちろん無料ではできません。

本人たちは、何十万ものお金を借金します。

何のためのお金でしょうか?

日本に来るために手続きをしてもらう企業に払う手数料です。

業者を挟めば挟むほど、手数料は増えます。

日本での生活費も実費です。
給与からの支出です。

稼ぎに来てるわけですから、母国の家族たちへの仕送りもあります。

そして3年~5年という、勤務期間の縛りがあります。

技能実習生=(イコール)人件費の節約。と思われがちです。

もし本人が何もわからないまま、配属先が決まり、安月給で雇われてしまった場合。

給与から生活費を引いて、家族への仕送りもして、借金の返済ができるでしょうか?

たった3年~5年で。

私たちは、この現状を変えるべく、全てを自分たちでやることにしました。

現地での日本語学校も建設中です。現地での送り出し機関も、日本での受け入れ期間も、私たちのグループですべて出来るように現在進行中です。

カンボジアを選んだ理由は、・・・。

それは是非聞きに来てください。

採用後の待遇はコチラ