北陸密着型総合求人サイト

ENTRY

むげんのわ情報Feature

人材不足の世の中にパンチ!!

キャンペーン情報

世の中人材不足で困っている!?

 

ここ数年ですが、色々な声を聞きます。

・とにかく「人」が足りない。

・「求人」を出しても応募が来ない。

・そもそも「募集」しても来ないから、諦めている。

・「求人サイト」が多すぎて、どこに出せばいいかわからない。

・「求人誌」、「PC」、「スマホ」何に掲載すればいいの?

・「正社員」で集まらないから、「パート」や「アルバイト」でも人を紹介してほしい。

・「求人費」・「採用コスト」ばかりが高くなっている。

・「専門職」の人はいないから、「未経験」でも大歓迎です。

・「大手企業」が多く採用しているので、「中小企業」で太刀打ちできない。

・などなど・・・・・・・   

 

 

特に顕著なのは、一昨年、昨年くらいからでしょうか?

 

派遣でも、正社員でも、アルバイトでも、パートでも、とにかく求人の依頼が増えました。

 

若年層の採用を積極的に行ってきた会社も、今ではシニア層の採用、期間契約社員の無期雇用化、継続雇用制度の拡充など、とにかく人材の確保を進めている状況になってきています。

 

 

求職者の皆さん、お仕事をお探しの方、

 

『チャンスです☆』      

 

北陸の「企業」は、「人」を求めていますよ!!

 

人材でお困りの企業の方も、とにかく載せなきゃ人は来ません。掲載無料ですので是非ともどうぞ!

 

富山県、石川県、福井県で、お仕事探し・求人掲載は、無料の求人サイト『むげんのわ』!!  

 

 

 

労働力人口が減っていくらしい。。。!?

 

日本が少子高齢化となり、年々人口が減っていることは周知の事実であります。 総人口だけを見れば、それほど急激な減少はしないのではないかと考えるところですが、今年2018年1月1日現在で、1億2659万人です。昨年2017年に比べ23万人減少しています。

 

これが2030年には1億1662万人、2048年は9913万人、2060年には8674万人となります。

 

そして、見なければいけないのは労働力人口です!!  

 

労働力人口とは、15歳以上で労働する能力と意思をもつ者の数を言うそうです。

 

15歳以上の人口を生産年齢人口 と言いますが、そのなかには主婦、学生といった労働能力はあってもその意思をもたない人、あるいは病弱な方、老齢者などの労働能力をもたない方も存在します。こういった方々を非労働力人口と言います。

 

 

労働力人口=生産年齢人口-非労働力人口 ※労働力人口には失業者も含まれます。

 

 

日本における労働力人口の基礎的な統計としては、国勢調査および毎月実施されている労働力調査があります。ありがたいデータが詰まっています!データって大切!!笑

 

しかしこれは全国のデータです。では北陸はどうなっていくのか??

 

という事で、データを探しましたが、なかなかいいのが見当たりませんでしたので、各県の労働局様のデータを今度拝借して、おいおい各県ごとに分析を進めていこうかと考えています。

 

14歳以下の人が、ゆくゆくは労働力人口になっていきますが、毎年減少して下がっております。15歳〜64歳の労働力人口については、14歳以下の人口が減るとこの世代が増えることはありません。 そして年々高年齢化が進んでいくことになります。高齢化が進めば進むほど、65歳以上の割合は増えます。2060年には約40%となり、 日本人の2.5人に1人は65歳以上となります。

 

日本の人口減少に伴い、労働力人口は減少していきます!!ここ数年は労働力人口が増えています。※矛盾していますが・・・、事実です。これは、アベノミクス?の効果により景気が上向いて来ていることもありますが、 求人の増加と、働き方改革の影響でしょうか?非労働力人口が減少し、失業率が減少しています。それに伴って、一時的に労働力人口の増加が見られます。特に女性の労働力人口が増えていることから、今まで働けなかった女性が、仕事に就いている傾向が見られます。

 

しかし、2020年をピークにこの数字が減少していくであろうことは、よくニュースでも取り上げられています。労働力人口と共に、世の中の人材不足と景気の判断材料となる指数が、有効求人倍率という指数です。 有効求人倍率とは、毎月ハローワークで1人あたりの求職者に対して、どれだけの求人数があるのか?という事です。

 

ちなみに、12月に発表された(11月の数字)全国の有効求人倍率は、『1.56倍』です。

 

今後は、全国に対して北陸はどのようになっているかを、お伝えして現状の人材不足についてもっと勉強し、どうすればこの人材不足を解消して行けるかについてお伝えしていきます!!